connorwalberg.com

WEBを使ったコミュニケーション

インターネットでWEBというけど

WEBを使ったコミュニケーション よく、インターネットでWEBというけど、その意味は文書の公開・閲覧システムです。このシステムが正常に稼動しているからインターネットも楽しめるわけです。ちなみにWEBの情報的な単位はページです。だから、ホームページというわけです。でも、ホームページを何ページも重ねていくというのはまるで分厚い本が目の前にあるみたいです。さて、WEBで情報公開を行うコンピュータやソフトウェアをWebサーバと呼んでいるんですが。

受け取るコンピュータやソフトウェアはWEBクライアントといいます。このサーバとクライアント、この二つがなかったら成り立たないというわけです。しかも、WEBクライアントの中にWEBブラウザが含まれています。このブラウザがなかったらパソコンで情報を見ることが出来ません。

と、ここまでが基本的な点です。さて、WEBの活用法には情報の共有です。使い方次第では良い面にも悪い面にも転がっていくでしょう。その点を考えてみるとインターネットの世界は広がっていくわけです。さらにインターネット媒体を利用した集客方法を活用すればそれだけでビジネスに役立ちます。それにビジネスだけでなく遠くの人とつながる楽しみも増えます。


Copyright(c) 2019 WEBを使ったコミュニケーション All Rights Reserved.